応急手当トレーニング

– WAFA – WAFA + WFR

Avalanche Canada official partner
ast1 nozawa, japan - avalanche skills training

助けが近くにいないときに、医療状況に対処する方法を学ぶ。

大自然の中で自分の命と他人の命を守る自信を得る。

応急手当コース

WAFA(ウィルダネス・アドバンスド・ファーストエイド)とWFR(ウィルダネス・ファーストレスポンダー)コースは日本各地で開催されている。

ウィルダネス・ファーストエイドは、人里離れた困難な環境に赴く遠隔地の専門家やウィルダネス・リーダーを対象とした包括的な医療トレーニングコースである。

宿泊施設
宿泊施設は、イベントのメインページで詳細を確認してほしい。

ウィルダネス・アドバンスド・ファーストエイド (WAFA)

数日から数週間、かなり離れた環境で働く専門家のための上級コース。

ウィルダネス・アドバンスド・ファーストエイド(Wilderness Advanced First Aid)は、人里離れた困難な環境に赴く専門家やウィルダネス・リーダーを対象とした総合的な医療トレーニングである。 ウィルダネス・メディスンは、都市環境を対象とした標準的な応急手当コースやその他のトレーニングとは大きく異なる。

オンラインでの自習(14時間)とグループでの実践セッション(3日間)を組み合わせることで、受講生は時間をかけてゆっくりと学び、知識を定着させ、そして実践に移していく。

このコースは、Wilderness Medical Associatesのもと、訓練を受けた専門家によって運営される認定コースである。

日付

There are no upcoming events at this time.

価格

There are no upcoming events at this time.

何を学ぶのか

このコースでは、病院やレスキューサービスが長時間利用できない場合の医療緊急事態の対処法を学ぶ。 長時間の患者ケア、過酷な環境、即席の設備などを伴う緊急事態に備える。

オンライン自習手続き

  • 教材とユーザーID・パスワードは、受講開始日までに受講者に送付される。
  • 自分のペースで、オンライン学習システムで講義(スライド/ビデオ)を受ける。
  • 19ユニット、約14時間あるので、計画的に進めることをお勧めする。
  • 各ユニットには、知識をチェックするためのクイズがある。 そこで要点を確認する。

評価

100%の出席率、宿題と小テストの成績、実技の習熟度、最終筆記試験の成績によって認定される。 ウィルダネス・メディカル・アソシエイツ・インターナショナルは、特別なニーズを持つ学生に対し、合理的な配慮を行うことを約束する。

このコースに参加するには16歳以上でなければならない。 18歳未満の方は、保護者の同意書が必要となる。


学習時間
2週間(14日間:36時間)。

1日目~11日目:オンライン・自習(約14時間)

12~14日目実技セッション(合計22時間)

    • 1日目(7時間)10:00-12:00/13:00-18:00
    • 2日目(8時間)9:00-12:00/13:00-18:00
    • 3日目(7時間)9:00-12:00/13:00-17:00

* 実技セッション中に資格試験が実施される。 (実技+筆記25問)

講義と実技に必要なもの

  • 室内履き
  • デイバッグ(屋外トレーニング中に自分の荷物を持ち運ぶのに十分なもの)
  • 防寒具、雨具、着替え、タオルなど(たくさん用意しておくこと)
    • 救助の練習だけでなく、病人や負傷者の役も求められる。 そのため、服が汚れたり、濡れたり、破れたりすることを覚悟しなければならない。
  • 腕時計(秒を計れるもの、秒針のあるもの)
  • ヘッドライト
  • 昼食、飲み物、携帯食など。
  • 教材(主催者が事前に配布している場合)、筆記用具、メモを取れるものなど。
  • キャンピングマット(あれば銀マットなど)
  • その他、野外活動に必要と思われるもの(ガイドの場合は、通常のガイド用具を持参することを勧める)

付属資料
教材費はすべて無料である。 このコースの受講生には以下の書籍が配布される:

  • ウィルダネス医学と救助のフィールドガイド
  • SOAPノート
  • ウィルダネス&レスキュー・ファーストエイド
  • ウィルダネス・アドバンスド・ファーストエイド

設備
スポンサーやコース主催者には、低レベルのアウトドア装備や、遠隔地や過酷な環境にいる従業員に関連する特殊な装備の提供をお願いしている。 ウィルダネス・メディカル・アソシエイツは、シミュレーションと教室で必要な特定の器具リストを提供する。

ウィルダネス・ファースト・レスポンダー(WFR)

入門レベルのコースであるウィルダネス・ファースト・レスポンダー(WFR)コースは、野外教育者、ウィルダネス・ガイド、軍人、プロの捜索救助隊、野原消防士、研究者、災害救助に携わる人々にとって理想的な医療トレーニングである。

このコースは、アウトドア、低資源、遠隔地の環境で活動したり旅行したりする専門家や指導者向けに、原生地域医療、リーダーシップ、クリティカルシンキングについて必要不可欠なトレーニングを提供する。

WFRのカリキュラムは包括的かつ実践的であり、米国で指導を受ける場合、最低70時間の授業が行われる(他の国では多少時間が異なる)。 コース期間中、学生は孤立した極限環境において、必要であれば数日から数週間にわたって医療問題を評価し、管理するために必要な基本原則とスキルを学ぶ。

このコースは、Wilderness Medical Associatesのもと、訓練を受けた専門家によって運営される認定コースである。

日付

There are no upcoming events at this time.

価格

There are no upcoming events at this time.

ウィルダネス・ファースト・レスポンダーのカリキュラムは、遠隔医療レスキューの研究者と専門家のチームによって社内で作成されている。 エビデンスに基づく継続的な研究とレビューが、僻地や過酷な環境における患者ケアへのユニークで革新的なアプローチに貢献している。 カリキュラムは包括的かつ完全で、毎年最新のものに更新されている。 これは、世界のあらゆる初期対応医療訓練(都市部または遠隔地)の中で、最も最新かつ最先端のコースである。

  • 医療緊急事態の予防と特定、適切な技術、危機管理に重点を置き、原野医療と救助医療の一般原則を学ぶ。
  • CPR(心肺蘇生法)、基本的救命処置、アナフィラキシーや喘息の応急処置を含む、患者のアセスメントと応急処置。
  • 高山病、低体温症や熱中症、凍傷や低温障害、落雷、水没、環境毒素などの環境医学。
  • 一般的な医学的問題の評価と治療を含む、バックカントリー医学。
  • 不安定・安定性の損傷、使い過ぎによる症候群、脱臼を含む筋骨格系の問題。
  • 開放骨折、裂傷、熱傷、水疱などの創傷管理。
  • スプリント、包帯、リッターの包装、医療キットの準備などの実技。
  • 創傷の洗浄と探査、脊椎損傷の評価、脱臼の軽減、遠隔地での心肺蘇生、アナフィラキシーと喘息など、WMAの原野プロトコルを含む。

評価

100%の出席率、宿題と小テストの成績、実技の習熟度、最終筆記試験の成績によって認定される。 WMAは、特別な配慮を必要とする生徒に対して、合理的な便宜を図ることを約束する。

このコースに参加するには18歳以上でなければならない。


学習時間
2週間(14日間:36時間)。

1日目~11日目:オンライン・自習(約14時間)

12~14日目実技セッション(合計22時間)

    • 1日目(7時間)10:00-12:00/13:00-18:00
    • 2日目(8時間)9:00-12:00/13:00-18:00
    • 3日目(7時間)9:00-12:00/13:00-17:00

* 実技セッション中に資格試験が実施される。 (実技+筆記25問)

講義と実技に必要なもの

  • 室内履き
  • デイバッグ(屋外トレーニング中に自分の荷物を持ち運ぶのに十分なもの)
  • 防寒具、雨具、着替え、タオルなど(たくさん用意しておくこと)
    • 救助の練習だけでなく、病人や負傷者の役も求められる。 そのため、服が汚れたり、濡れたり、破れたりすることを覚悟しなければならない。
  • 腕時計(秒を計れるもの、秒針のあるもの)
  • ヘッドライト
  • 昼食、飲み物、携帯食など。
  • 教材(主催者が事前に配布している場合)、筆記用具、メモを取れるものなど。
  • キャンピングマット(あれば銀マットなど)
  • その他、野外活動に必要と思われるもの(ガイドの場合は、通常のガイド用具を持参することを勧める)

付属資料
教材費はすべて無料である。 このコースの受講生には以下の書籍が配布される:

  • ウィルダネス医学と救助のフィールドガイド
  • SOAPノート
  • ウィルダネス&レスキュー・ファーストエイド
  • ウィルダネス・アドバンスド・ファーストエイド

設備
スポンサーやコース主催者には、低レベルのアウトドア装備や、遠隔地や過酷な環境にいる従業員に関連する特殊な装備の提供をお願いしている。 ウィルダネス・メディカル・アソシエイツは、シミュレーションと教室で必要な特定の器具リストを提供する。

ウィルダネス・ファーストエイド(WFA)

プロフェッショナルなコースであり、季節ごとの野外活動や短期間の原野での活動や探求に適切で現実的な応急処置のトレーニングを提供する、この種のコースとしては最高かつ最も包括的なコースである。

ウィルダネス・ファーストエイドは、一般的な医学の概念と基本的なライフサポート・スキルを学ぶ2日間の入門コースである。 日帰り旅行や短い冒険をするアウトドア愛好家をターゲットにしている。

このコースは、Wilderness Medical Associatesのもと、訓練を受けた専門家によって運営される認定コースである。

日付

There are no upcoming events at this time.

価格

There are no upcoming events at this time.

コースのテーマは以下の通りだ:
患者評価システム;心肺蘇生;循環器系;神経系;呼吸器系;骨折、安定した怪我;スプリント1-四肢;低体温症;高体温症と熱中症;溺水寸前;落雷による怪我;傷と火傷;アナフィラキシー;リフティング、移動脱出;患者搬送;バックカントリー医学

認証
このコースは伝統的に2日間、16時間の授業と練習が予定されている。 修了後は、ウィルダネス・ファーストエイドと成人CPRの認定を受ける。

このコースに参加するには16歳以上でなければならない。 18歳未満の方は、保護者の同意書が必要となる。

このコースは伝統的に2日間、16時間の授業と練習が予定されている。

1日目(8時間) 9:00-12:00 / 13:00-18:00

2日目(8時間) 8:00-12:00 / 13:00-17:00

講義と実技に必要なもの

  • 室内履き
  • デイバッグ(屋外トレーニング中に自分の荷物を持ち運ぶのに十分なもの)
  • 防寒具、雨具、着替え、タオルなど(たくさん用意しておくこと)
    • 救助の練習だけでなく、病人や負傷者の役も求められる。 そのため、服が汚れたり、濡れたり、破れたりすることを覚悟しなければならない。
  • 腕時計(秒を計れるもの、秒針のあるもの)
  • ヘッドライト
  • 昼食、飲み物、携帯食など。
  • 教材(主催者が事前に配布している場合)、筆記用具、メモを取れるものなど。
  • キャンピングマット(あれば銀マットなど)
  • その他、野外活動に必要と思われるもの(ガイドの場合は、通常のガイド用具を持参することを勧める)

付属資料
教材費はすべて無料である。 このコースの受講生には以下の書籍が配布される:

  • ウィルダネス医学と救助のフィールドガイド
  • SOAPノート
  • ウィルダネス&レスキュー・ファーストエイド
  • ウィルダネス・アドバンスド・ファーストエイド

設備
スポンサーやコース主催者には、低レベルのアウトドア装備や、遠隔地や過酷な環境にいる従業員に関連する特殊な装備の提供をお願いしている。 ウィルダネス・メディカル・アソシエイツは、シミュレーションと教室で必要な特定の器具リストを提供する。

今後のコース

フィルター
Course
    Language
      Location
        Date Range
        Reset
        There are no upcoming events at this time.
        0
          0
          Your Cart
          Your cart is emptyReturn to Shop